いがっぺな日記

酔っ払いがその場で思った事を書いているだけm(__)m

坊さんについて考える 最終章

坊さんのネタもそろそろなくなり、今回が最後?となります。
知り合いに「家の坊さんはお布施が高い、、」と聞いた事があります。確かに宗派または、その寺により価格は様々であり、相場というものはありません。ただ、そこのお布施は〇〇万円以上と設定されているのがほとんど!その家の収入によっては上限が定かではないこともあるとか。前に述べた事業としては、取れるときに目一杯取ってやろう。という気持ちもわかります。但し、人の不幸につけ込んだ商売(失礼、個人的には個人、遺族の為になっているとは思えない。)としては、わからない事もないのだが、、、
まして、墓がその寺にある場合、いいなりなるしかない。そこから逃げることが出来ないのだから。ある意味、「人質」に取られているのと同じではないか?
坊さんは、故人には手厚く、遺族には容赦ない。故人を盾に遺族から金を取っていると言われてもしかたないのではないか?
読経や塔婆で、故人が救われたり仏になれたりする、院号居士で高い位を金で買える。それが、向こうの世界で通用するのか?甚だ疑問である。
仏教を含め、世界のあらゆる宗教は現在を生きている人々を救済、または、生きる指標を気付かせるためにあるのであり、そこに金銭が携わってはいけないのではないのか?ただ、現在は貨幣の流通なしで経済は成り立たないので、理想で生きてはいけない。ならば、金銭を表記して、お互いに納得できる範囲で妥協し、葬儀本来を見つめ直して、遺族の負担が極力少なくなるよう努力をし、手続きや相談、これからの気持ちの持ち方など、、心のサポートを軸にしていく事も必要ではないか?
古い形式のまま(高いお布施や、成仏の話)では、いずれ限界が来る。いつまでもあぐらをかいている場合ではないのではないだろうか?

坊さんについて考える その3

またまた、間が空きました。
今回は、事業としての坊さんについて考えてみたいと思います。
読経などで収入(お布施)を得ているわけですから、職業としては「サービス業」に分類されると思います。形にならないものの提供がメインですから。
さて、坊さんのお布施はまちまちですが、大体「高い!」と言われるのが常です。時給にすると15,000〜∞・・。料金は、その坊さん(宗派?)によって様々、いいなりになることが現状です。その宗派では位が高いとか、由緒があるとか、檀家には関係ない(現在の人)と思っている人が大半ではないだろうか? 坊主丸儲けと思ってしまうのも無理がない。
しかし、この坊さんを商売として考えると同情できる点もあると思います。まず、ひと月のお布施(売上)を50万とした場合、年間で600万、施餓鬼やその他法要で、100万として年間で700万の収入になります。もちろん無税!
でも、その中には本山分担費(年貢?)や諸経費、寺の修繕や衣装代、、とかなりの経費が掛かっていると思います。さらに、先程の例みたいに毎月需要がある訳でもない。安定した生活を送るためには収入のない月もカバーできるだけの収入を得る必要がある。つまり、お布施を高く取る事は、宗派の安泰、寺社の安泰、しいては自分の家族の安泰を考えるからなのではないでしょうか?生きて行く為にはお金が必要です。組織に属していれば、それなりの経費も必要です。昨今、檀家は若者が家を出て年寄りが家を守っていることの方が多くなりました。年齢的に信心してる人もまだまだいると思います。まだ、少しは坊さんの言い値で払う人もいると思いますが、今後は減少することは避けられない。現在、これからも坊さんという職業は厳しい情勢が待っていると考えます。
単価を上げて利益を追求するやり方は、もう無理があり、今後、場合によっては宗派の合併もあるかもしれません。また、宗派を持たないディスカウント坊さんも出てくるかもしれません。いずれにせよ、坊主丸儲けの時代は終わりを迎えるのではないでしょうか。

坊さんについて考える その3

もうすぐお盆ですね。初盆になると「施餓鬼」と呼ばれる行事があります。施餓鬼とは、生前の悪業によって亡者の世界に落とされた魂は、常に飢えと渇きに苦しんでいる。その魂を食べ物や飲み物で供養することを「施餓鬼」と呼んでいます。そして、施餓鬼を行うことで、その人は徳を積みより高い場所に行けると言われています。
ただ、この「施餓鬼」も宗派?坊さん?により違っています。ある坊さんは、金額を指定して一度に行う。ある坊さんは初盆でなくても各家庭を回ってお経をあげる。また、ある坊さんは、戒名ばりのお布施を要求すると聞きました。
この施餓鬼とは、誰の為にするのでしょう。 そして、ある坊さんは、「初盆が一件だけだから、どうします?やらない人もいますが、、、」、、と。
なら、「施餓鬼」の意味はないのでは?
また、件数が増えたからやりますか?、、と
これは、商売としてみていると勘ぐるのは、私だけでしょうか。故人の為なのかは、疑問の残るとこです。

坊さんについて考える その2

間が空きました。前回より、坊さんの超能力について考えるとこがあり、述べてみたいと思います。
人は死ぬと、仏になる為の修業をする。その期間は49日、だからそれ以前の香料は「御霊前」、以後は「御仏前」になるのですね。
亡くなったら、坊さんに白木の位牌に戒名を書いてもらい、それから全てが始まります。
通夜、告別式。ですが、、、
その後の49日の法要までに、各宗派により差があります。白木の位牌は、それまでの行事の主役を務めており、そこに故人の魂が宿っていると思われている方も多いと思います。
しかし、ある宗派は「本位牌ができたら、取替えてください」、また別の宗派は「魂入れは、本堂でやりますから、白木の位牌はいりません」また、白木の位牌は当寺では処分しません!と、白木の位牌は何の意味があるの?!と考えさせられる事がありました。
魂を入れる、抜くがリーズナブルな価格で出来る。本当なら高額でも文句が言えないが!誰も証明できないのが事実です。
お経の効果、魂の入れ出しを誰にでもわかるように表現できたら、誰も要求される「お布施」を高いとは思わず、逆に安い!と思うのではないでしょうか?
まず、坊さんの人柄によって変わるのかもね?

ちょっと寄り道

予告したタイトルは、ちょっとまってくださいね。m(_ _)m
自動車の洗車をしました。そこに洗車もしないのに、レクサスのおばちゃんが来て(他県ナンバー)吹き上げ用のウエスを使い放題。4〜8枚を使い、当然の顔付きで作業してました。
車には、感嘆するところがありますが、おばちゃんの行為に、すっかり冷めてしまい。こんな人に使われるのは可哀想かな?と思う貧乏人の独り言でした。

坊さんについて考える。その1

先日、親近者が亡くなり葬儀に参列しました。
葬儀費用で大きく占める割合に、お坊さんのお布施があります。よくわからないのですが、お布施には戒名が含まれており、院号居士を付けると跳ね上がるようです。料金はあってないようなもの。つまり、坊さんのいい値で決まってしまうのが現実です。しかし、ほとんどの人が料金に納得してはいないと思います。「形式でしかたない。みんなしてるから。先祖がそうだったから。」等、本心でお願いしてる人は、ほとんどいないのではないでしょうか?
お坊さんは、故人を成仏させたり、死後の魂を供養したり、魂を抜いたり入れたり。素晴らしい力を持っているとされています。そんな超人的な力を持つお坊さんが、なぜ先程のように感じられているのか、ちょっと疑問に感じました。
ついては、超人的な力を持つ「お坊さん」について考えたいとおもいます。では、また!

宗教と人間

予告通りお届けします。なぜなら酔っているからm(_ _)m
前回、宗教は人が作ったものであり、神(仏)も人が作った物と話しましたが、またそれを信じるのも人なのです。
冷静に考えると、「?」となるのですが、追い込まれて(自らも含む)余裕がなくなり、他の選択に気づけない人が助けを求めて縋ってしまうのではないでしょうか?
逆に言えば、自分で解決するのはしんどいから、第三者(神等架空?の物を信仰)に助けを求める、つまり現実逃避をすることで、現実のストレスから逃げたいだけなのかもしれない。自分を正当化し、原因は他にある!そう言える条件(占い、拝み屋等)を利用して自分が納得すること(責任転嫁)で自分を守る!と考えるのだろう。これも自己防衛の一つなのだと思う。
誰も悪者にはなりたくないと思うはず。だから、言い訳、責任転嫁等、自分を守る行動に出るのは自然な行為かもしれません。しかし、後で事実が違うなどバレてしまうと思っても「自分は違う!」と思ってしまうのが常です。
脱線しましたが、宗教はその人の都合に合わせて生まれたと考える事も出来るのではないでしょうか?そう考える年頃😛です。